<< フランス・トリカスタン原発で事故(重要 第一報) | main | シルバーハウジングの建設計画は? >>

救急医療体制の見直し

平成23年七戸町議会9月定例会一般質問

救急車の到着時間と病院搬送時間の遅れを改善するには
(哘清悦)

 間林消防署があった平成4年度は現場到着に10分を超えた割合が8%から平成22年度では24%にもなっています。

 病院への搬送時間は、平均搬送時間で比較すると16分も遅くなっている。

 病院に着く前に死亡した件数も倍増しており、早い医療処置も不可欠だが、七戸病院の受入が低下しており、逆に管外公立病院への搬送が増加している。

 七戸町はドクターヘリが15分で到着する距離にあり、今後も定住者や交流人口が増えると見込まれる新幹線駅周辺にヘリポートを整備することも効果的な改善策と考えるが、救急車の到着時間と病院搬送時間の遅れを改善するための取り組み、また、七戸病院の将来像と改革の進め方について併せて尋ねます。

救急医療体制を堅持

 中部上北広域事業組合が管轄する事項で、詳細について申し上げられませんが、合併して中央消防署となり当然出動距離が伸びたということもあります。

 救急車出動時には、搬送先の医師との連絡救命措置、患者の受入可能等の確認を行い出動しております。

 医師不足並びに受入状況により十和田市をはじめ管外への搬送となっています。

 中部上北2町の中核的病院であり、救急医療体制を堅持する観点から、安定的な経営運営は当然のことで、経営診断報告書をもとに改善策が検討され、実行されています。


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM