<< トマトゼリー(砂糖4%)が学校給食に提供される | main | 大震災の混乱を狙った冤罪工作人「前田恒彦検事」の裁判 >>

6年間共に過ごした児童の卒業式、代表の光輔に卒業祝い渡す

110318天間西小卒業式
【祝辞】
 
六年生の皆さん、卒業おめでとう保護者の皆様にも、心からお祝い申し上げます。
 先週金曜日に発生した地震と津波で被災された方々には心からお見舞いを申し上げます。これまでの卒業式で感じたことはありませんでしたが、卒業生も保護者も、全員が揃って卒業式に出席できることを当り前だと思わず、深く感謝しなければならないと感じています。

 人間の知恵や努力は自然の力の前では無力であることを痛感させられました。被災された方々を支援することもできず心苦しい思いでおりますが、被災された方々が一日でも早く日常の生活を取り戻すことができるよう切に願っております。

 六年生の皆さんは、中学校や高校でまだまだ勉強しなければなりませんが、「何のために勉強するのか」をよく考えなければなりません。いい大学に入り、いい会社に就職し、いい給料をもらい、いい生活をするためではないと思います。「大事なものを守るために必要な力を付けるため」に勉強するものだと私は思っています。

 皆さんにとって最も大事な家族の命と生活を守るためにも勉強しなくてはなりません。また将来、皆さんの中の誰かが、住民の生命と財産を守る重要な立場に就くかも知れません。その人は誰よりも勉強しなくてはなりません。勉強というのは、これだけ勉強すれば十分ということは決してありません。どれだけ勉強してもまだまだ足りないというのが勉強です。

 皆さんは、学力においては全国平均をかなり上回ったようです。中学校へ行っても、テストでは常に百点満点を取るつもりで勉強して下さい。私も四月からPTA会員として皆さんと一緒に天間舘中学校に行きますので、気を抜かないでこれまで通り勉強して下さい。

 小学校の六年間もあっという間でしたが、中学校の三年間は更にあっという間です。三年後にはもう高校生です。皆さんが中学でも優秀な成績を収め、レベルが高い高校で勉強したいと考えた場合、青森高校や八戸高校へ進学することも考えると思います。

 新幹線の七戸十和田駅は、幸い八戸市と青森市の中間にあります。青森高校と八戸高校のどちらの学校にも、新幹線での通学が可能ではないかと考えています。皆さんは、三年間で六百回も新幹線を利用できる可能性を秘めている特別な存在です。「新幹線で高校に通う」ということを、ぜひ皆さんの目標の一つにして下さい。

 皆さんは卒業証書を受け取りとても嬉しい気持ちでいると思いますが、皆さんのお父さんお母さんは、皆さん以上に嬉しい気持ちでいると思います。皆さんが私たちの子供として生まれてきたおかげで、人生の中で最も楽しく充実した時を過ごすことができました。ですから、「大人になったら必ずお父さんお母さんになる」ということも、目標の一つに加えて欲しいと思っています。

 学力と体力は、学校の勉強や部活動で身に付けることができますが、結婚相手を見つけ、お父さんお母さんになるためには、「魅力」というもう一つの力が必要です。勉強で脳を鍛えながらも、「心」も一緒に育てて下さい。心優しく魅力ある大人に成長することを願っています。

 最後になりますが、町長を始めとする行政関係者の皆様、ボランティアとして本校を支援して下さいました地域住民の皆様、六年間PTA活動にご協力頂きました保護者の皆様、そして、校長先生を始めとする教職員の皆様に、この場を借り厚く御礼申し上げます。
 卒業される皆さんの新しい生活への旅立ちをお祝いすると共に、今後のご活躍とご健勝を祈り、私のお祝いの言葉と致します。

          
     平成二十年三月十

     天間西小PTA会長  哘 清悦

 卒業生代表で光輔が登壇し、PTA会長の私から卒業祝いを受け取った。自分の子供に「おめでとう」というのに抵抗を感じ、何と言葉を掛けてよいか迷った。結局「よく頑張った」と小声で言った。
 先生方が父から子へ手渡すように演出してくれたのだと思った。その気持ちに深く感謝したい。


コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM