<< 八戸工業大学の高島教授が学生20名に皮膜を削らせた? | main | 青森県は樹種を特定するか?してもしなくても結果は判明する! >>

「ミズナラ」のネームプレートにガムテープを貼ったのは誰?

 以前にクリの木の画像を送ってくれた方が新たな画像を送ってくれた。

 むつ市にある青森県一のクリの巨木を撮りに行った帰りに、ネームプレートを付けた木が並んでいるところで木の写真を撮っていたら、ガムテープを貼った(ガムテープで隠した)ネームプレートがあったらしい。何の木なのか知りたくてそのガムテープを剝がしたところ「ミズナラ」と書かれていたとの事。
 
偶然なのかどうかはわからないが、「ミズナラ」に関する情報提供が多い。今回提供頂いた写真を見て、調べる必要があると思った点を整理しておく。知っている方はぜひ情報提供して下さい。

.諭璽爛廛譟璽班佞の樹木は誰(どこ)が管理しているのか?

何が目的で「ミズナラ」の文字を隠したのか?

「2」の番号は何を意味するのか?
 また、なぜ番号を付ける必要があったのか?
おぐり看板
▲クリの巨木の標識
おぐり
▲「おぐり」の看板
大クリ
▲おぐり(巨木でも真っ直ぐではないので六本柱には・・・)
おぐり樹皮
▲樹皮が粗いクリの木(ロシアのクリの木とは樹皮が異なる?)
ミズナラ2
▲「2」と書かれたガムテープと目隠しされたネームプレート
ミズナラ
▲ガムテープを剝がしたら「ミズナラ」と書かれていた木


コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM