<< 津軽為信:弘前城、南部高信:石川城、小山内讃岐満安:和徳城 | main | 処理業者は古代人スガオカ、3割(947万円)ピンハネされた? >>

CIA出先機関の東京地検特捜部と詳細な情報を提供する関係者

悪徳ペンタゴン

小沢一郎の政治資金を巡る報道(東奥日報も)がおかしい!


2010年1月18日(月)夕刊3面」記事を検証

05年党代表選に配慮 虚偽記入容疑 石川議員が供述

 

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」が土地購入をめぐリ政治賞金収支報告書に虚偽記入したとされる事件で、元私設秘書の衆院議員石川知裕容疑者(36)が「小沢先生が大金を持っているのが大っぴらになると、党代表選に影響が出る。だから4億円収入をあえて載せなかった」と供述していることが18日、関係者への取材で分かった。』

 この部分の記事を読むと、東奥日報の記者が取材し書いた「小沢先生が大金を持っているのが大っぴらになると、党代表選に影響が出る。だから4億円収入をあえて載せなかった」の部分は、仮にそれが事実だとしても、石川議員が信頼している人(石川議員の関係者)でなければ知りえない事だと思う。
 石川議員と何の関係もない赤の他人のこの新聞記者が、そういう石川議員の関係者から、そのような証言を得るには相当な苦労があったと思う。
 一番簡単なのは、「関係者がそう話した」事にしてしまう事だと思う。国民の多くがそういう嘘の記事でも信用しそうな世論が出来ている時は容易にそういう事が出来ると思う。

 

「小沢先生を裏切れない」 

 石川容疑者が指したのは、虚偽記入された収支報告書が公開された2005年の代表選。小沢氏は出馬を見送り、前原誠司氏が菅直人氏を破り選出された。関係者によると、石川容疑者は東京地検特捜部の調べに対し、4億円の原質を「先生のたんす預金だったと思う」と供述したが、小沢氏の事件への関与については一貫して否定している。

 担当検事から「小沢はあなたを裏切った。小沢と一緒にやっていいことはない」と言われると「わたしは先生を裏切ることはできたい」と返したという。石川容疑者は13日までの聴取では「虚偽記入はうっかリミス」と説明していたが、14日になって虚偽記入は故意だったことを認め「先生に申し訳ない。これで議員を辞めないといけない」と漏らした、とされる

 当初、虚偽記入の容疑を否認した理由を尋ねられると「(有罪判決が確定した場合に適用される可能性が大きい)公民権停止になるのが嫌だったから」と述べたという

 石川容疑者らに続き政治資金規正法で違反された小沢氏の公設第1秘書大久保隆規容疑者(48)の弁護人は18日、否定していることを明らかにした。』


 記事に書かれた取り調べの会話の内容は、同じ取調室にいて見て(聞いて)いる人(関係者)でもなければ知れ得ないような内容だ。
 私が記者なら守秘義務のある関係者から守秘義務を破らせてまで、あるいは、実名を明らかにすると不利益を被るのが明らかなその関係者に対して執拗に(嫌がる相手に何が何でも言わせるように)取材する事はせず、事実のみを伝えたと思う。
 「東京地検特捜部は現在、石川容疑者に対して取り調べを行なっている」だけで十分ではないかと思う。
 でも○○○資本の企業をスポンサーに持つ新聞社は、そのスポンサーに気に入ってもらわなければならないし、そのスポンサーの気に入るような記事を書かなければならないので、「関係者」という実在するかどうかもわからない都合の良い人を利用して、好きなように書くのかも知れない。
 「国民が知りたい事実を伝える」ためではなく、「スポンサーの意に叶うように(国民がそう思うように)」記事を書いているように思う。そして、前者のような良識のある記者は疎まれて、後者のような記事を書く記者が出世するような気がする。

 特に自由民主党という名前のアメリカ隷属党から政権を奪った小沢一郎、「米軍は第7艦隊だけでいい(他は日本から出て行ってもいい)」と公言した小沢一郎は憎くて仕方ないと思う。小沢一郎のイメージが悪くなるような記事を書く記者はとても可愛いのだろう。

 それが真実であろうがなかろうがスポンサーの彼らには全く関係ないのだろう。
 新聞記者は国民が何を知りたがっているかを知りたいと思うので、国民の一人(個人)としてそれを教えたい。
ヾ愀玄圓箸話か?実在するのか?
∨榲に取材したのか?それとも依頼者の意向を聞いて作文したのか?
その依頼者(スポンサー?)からいくらお金をもらっているのか?

東奥日報に電話で確認した内容と結果
東奥日報の記者がその関係者から直接取材したのか?
 「この記事については「共同通信社」から配信された記事を掲載しており、東奥日報と共同通信は一心同体である」
その関係者は本当に実在する人物か?
 「関係者が誰であるかは取材した共同通信の記者はわかっている(東奥日報は取材していない)」
誰が取材したかがわかるようにした方がいいと思うが?
 「解説文はそうしていますが、事実報道には記者名は載せません」
担当検事と石川議員のやりとりを見て(聞いて)いる人でないと知り得ないような内容だが、その立場にある人に「守秘義務」はないのか?
 「守秘義務はありますが、国民の知る権利もありますから、それを聞き出すのが記者の仕事です。」
 東奥日報には「これからも注意して見ていきますが、国民への影響力が大きいですから恣意的に誘導するうな記事を書く事がないようにお願いします。」と言って電話を切った。

共同通信社の記者に電話で確認した。

 「関係者は実在する。一人からだけではなく、複数の関係者から取材して間違いないだろうという判断で書いている。新聞社はスクープ合戦の側面もある。開示されている文書や資料を基にした記事も書いている。東奥日報の3倍は書いているかも知れない。地方紙が配信した記事を全て掲載するとは限らない。その時の状況で優先する記事が変わる事もある。」

 

東京地検特捜部にも電話で確認した。

「新聞記事を見て、取り調べを一緒に見ている人でなければ知りえないような記事が書かれていたので、確認したくて電話しました。取り調べに立ち会った人には守秘義務はないんですか?」

「あります。」

「でもその人は新聞記者に聞かれてついつい教えてしまったという事ですか?」

「それはあなたの推測でしょう!」

「取り調べに立ち会っておらずに、これだけ会話を詳細に知っている人は他にいますか?」

「記者が誰から聞いたかこちらでそこまではわかりません。」

「この記事を読むと東京地検特捜部は守秘義務も守らずべらべらと喋る人が結構いるんだなあと思ってしまいますよ。」

「捜査の事については一切教えない事になっています!」「ガチャッ!ツーツーツー」

 一方的に電話を切られたが、相当痛いところを突かれたのだろう。 
 回答に全く余裕が感じられなかった。

 

東奥日報の紙面に「立花隆」のコメントが載っていたが、アメリカの不利益になる政治家を追い落とす時に使われている人なので、「ああ、また立花隆か。」という感じで、書かれている内容には全く興味が沸かなかった。



植草一秀の「知られざる真実」
悪徳ペンタゴンが小沢一郎氏を攻撃し続ける訳
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-9b60.html

「検察と対決」ノーカット小沢幹事長党大会挨拶(10/01/16)1/2
http://www.youtube.com/watch?v=90OTLBPaQDo&NR=1&feature=fvwp

2010民主党党大会 鈴木宗男議員「検察の暴走はいけない」
http://www.youtube.com/watch?v=0suKc0jRBzs&feature=player_embedded

東京地方検察庁
http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/tokyo/tokyo.shtml

守屋氏だけを逮捕した「東京地検特捜部」の実体=CIAの出先機関

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=166452

東京地検特捜部の正体
http://alternativereport1.seesaa.net/article/94827566.html




コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM