<< なぜ「お勉強」好きな人は仕事ができないのか(紹介記事1/2) | main | 平成31年第1回七戸町議会定例会一般質問 >>

なぜ「お勉強」好きな人は仕事ができないのか(紹介記事2/2)

問題解決段階を経ない勉強は「お勉強」の域を出ない

 企業において、勉強好きが役に立たないと揶揄されるのは、「お勉強」好きのことなのだろうと思う。本人は(2)「問題解決段階」や(3)「視野拡大段階」にいるつもりかもしれないが、さらっと一通り知識を得る(1)「知識習得段階」的な「お勉強」にとどまり、(1)の姿勢のまま、(2)(3)に臨んでいる人が多いように見受けられる。

 実際には、(2)「問題解決段階」で、自分の問題意識の在り方、興味関心の持ち方のパターン、自分がものを見るときの射程の限界、言葉遣いの癖を自覚する段階を経ていなければ、(3)の「視野拡大段階」以降、専門分野以外のあらゆるものを吸収する段階に進めないのである。

 芸事の修業段階を指す「守破離」でいえば、さしずめ、(1)「知識習得段階」と(2)「問題解決段階」が“守”、(3)「視野拡大段階」と(4)「検証適用段階」が“破” 、(5)「越境変容段階」が“離”だと考えられる。(1)「知識習得段階」と(3)「視野拡大段階」の間には、既存の知識を覚えるだけではなく、自分の問題意識を持って、そこに適用できることを必死で学ぼうとする(2)の「問題解決段階」があることが、多くの人に認識されていないのではないかと思う。

(2)(3)の「問題解決段階」なしに(1)の「知識段階」のままで(3)の「視野拡大段階」に飛ぶから、(3)の内容を構造的に把握できず、ダメな「ではの守」になり、ましてや(4)「検証適用段階」には行けないし、(5)「越境変容段階」など望むべくもないのだ。

 一方で、現地・現物・現実に確固たる問題意識を持つ人が、(2)「問題解決段階」を強烈に意識しているために、特段の「勉強」をせずとも、日々仕事に取り組むなかで、独自ともいえる卓越した技術体系やナレッジを紡ぎだせる場合がある。

 逆に言えば、こういう現地・現物・現実に苛烈なほどの問題意識を持って取り組む人に、専門分野や専門分野に応用できる領域の体系的な知識を学ぶ機会を与え、自分の世界観や技術観と格闘させることで、さらにレベルの高い視界を持たせることが可能なのだ((3)(4)や(5)に相当)。一方、「お勉強」のできる「お勉強」好きに勉強をさせても成果は(1)の段階の「お勉強」レベルにとどまる。企業は勉強させる人を選ぶべきなのである。

仕事のできる勉強好きな人になるには?

 学士の分際で申し上げるのははなはだ僭越だと自覚しているが、(2)「問題解決段階」以降がパスされやすい原因の1つは、 日本企業の人材教育部門に文科系出身の学士社員が多く、ちゃんとした修士論文、博士論文を書いた経験のある人が絶対的に少ないことが理由ではないかとも考えられる。

 既知の問題を解く演習をする学士論文((1)「知識段階」)。知識体系の枠組みの全体像を意識しつつ、そのなかの限定された問題を解く修士論文((2)「問題解決段階」よくできて(3)「視野拡大段階」)。潜在的な問題を発掘し、問題を設定、解決し、新しい意味づけを目指す博士論文((4)検証適用段階」)といったように、しっかりとした論文作成の指導を受ければ、勉強を段階的に進めていく能力はつく。

 もちろん大学院に行こうと行くまいと(1)〜(5)への段階的な勉強態度を身に付けている人もいるが、それはたまたま良い上司に恵まれてラッキーだったか、あるいは資質としてすごく優秀だったかである。そして、ほとんどの人が(1)のことを勉強だと思っている。

 (2)「問題解決段階」以降の、つまり、自己の領域を全体の枠組みを認識しながら、深く掘り下げることを重視せず、(1)「知識段階」の表面的な問題を素早く多く解けることをもって優秀と認識してしまうのは、日本企業の最大の弱みだ。

 私は、日本企業の復活のためには、(2)をしっかりやり、(3)(4)(5)の知的な掘り下げを奨励する組織文化を構築することが急務なのではないかと思っている。もちろん、「お勉強」と「勉強」を区別せず、勉強を軽視するのは絶対にやめなければならない。

(プリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社 代表取締役 秋山進、構成/ライター 奥田由意)


コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM