<< 歴史と威厳のある天間舘神社 | main | なぜ「お勉強」好きな人は仕事ができないのか(紹介記事1/2) >>

テニスコート4面改修に1億6764万円???

 

少子化 → 子供減少 → 教職員減員 → テニス部廃止(天間林中学校) → テニス人口減少 → テニスコート利用率低下 → テニスコート改修費用予算化優先順位下位 → ??? → 財政が厳しい中、七戸運動公園テニスコート4面を人工芝に改修する予算が議案として議会に提案される

 

町を信用して承認はしたものの、未だに???のまま。

よって、???について事後確認していく。

 

画像1.七戸運動公園全景

テニスコート改修4七中1

 

画像2.七戸運動公園内のテニスコート4面(北側から見た風景)

テニスコート改修4七中2

 

画像3.改修されたテニスコートとその周辺

   (北側から見た風景、平成30年12月6日撮影)

テニスコート改修4七中4

 

画像4.平成30年12月定例会に提出された議案第100号

テニスコート改修4面1

テニスコート改修4面

テニスコート改修4面3テニスコート改修4面4

 

画像5.天間林中学校全景

テニスコート4面天中1

 

画像6.天間林中学校のテニスコート2面

テニスコート4面天中2

私の記憶では、町村合併前の平成15年頃に、3600万円かけて、ハードコートからオムニコートに改修し、夜間練習できないという声に応えて照明を付けたように思う。

当時でも、1面に1800万円もかかることに驚いたし、特段、コートの改修を強く要望する利用者がいたような記憶は全くない。

私も硬式テニスを盛んやっていた頃だが、ハードコートに対して特段不満はなかった。

テニスコートの整備は目的ではなく、手段に過ぎないが、目的が全く見えて来ない。

私に目的が見えていないだけであって、計画した町には明確な目的があるのだろう。

私が知らないだけであって、将来の錦織圭や大坂なおみが我が七戸町に生まれているのかも知れない。

そうでもなければ、これ程思い切った投資はできない。

他に考えられるとすれば、寄付予定者の意向。

平成29年12月26日、青森市に対して市民から20億円もの高額寄付があった。

青森市は、寄付者の意向で、市民の健康増進やスポーツ推進に関する事業に今後使う予定という。

公表されていないだけであって、「テニスコートを改修するならば」という条件で1億円くらい寄付する予定の町民がいるのかも知れない。

それであれば大歓迎。

 

平成31年1月17日、七戸町に公文書開示請求しました。

1.平成25〜30年度の七戸運動公園テニスコートと天間林中学校テニスコートの利用状況(使用人数と年間利用料金)とテニス協会の各年度の会員数がわかる資料。

2.七戸運動公園テニスコート改修の予算を提出するまでの経緯(町民からの要望、庁内の検討内容、業者とのやり取り等)と財源(補助金の要項や申請書等)に関する全ての資料。

3.テニス人口を増やすための計画とテニスコートの利用率を高めるための計画に関する全ての資料。


コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM