<< 平成25年度 天間舘中学校 第67回 卒業式 | main | PTAだより「アカシア」:地区代表選出方法の改善 >>

天間舘中学校 平成26年度 第68回入学式

 新入生の皆さん、入学おめでとうございます。

 保護者の皆様にも心からお祝い申し上げます。

 新入生の皆さんは、今日から天間舘中学校の生徒として三年間過ごすことになります。

 小学校と大きく変わることと言えば、制服で授業を受けること、教科毎に教える先生が替わること、全員が部活動を行うこと、三年後に卒業する時は、進路が皆それぞれ異なることです。

 先月卒業した生徒も、今日はそれぞれの高校の入学式に出席し、新たな高校生活に向けて気持ちを引き締めていることと思います。卒業式で大粒の涙を流していたのがとても印象に残っています。離任式では転任された先生が多かったこともあったとは思いますが、卒業式の時よりも、先生も生徒も泣いたと聞いています。

 嬉しいことも、悔しいことも、悲しいこともいろいろあったと思いますが、卒業する時に三年間を振り返り、どの思い出も楽しく懐かしく感じて感極まったのだろうと思います。

 PTA会長として学校運営に協力できることは極僅かしかありませんが、先生も生徒もこの天間舘中学校で一緒に過ごすことができて良かったと思ってもらえる学校

だということを感じることができ、とてもありがたいと思っています。

 学校は点数で評価される各教科の勉強が主ではありますが、点数で評価されない活動で能力を発揮できるようになることも大事だと思います。

 生徒会、委員会、運動会、中体連、文化祭など、自分たちで目標を設定し、自分や友達の得意・不得意を把握し、その中で自分の役割を見つけ、自分の責任をしっかりと果たし、友達の遅れや失敗はカバーし、全員でやり遂げる力を付ける機会が、学校の行事にはたくさんあります。

 五月には運動会があります。三年生は最上級生として卒業した先輩の良かったところを受け継ぎ、それに自分たちの持ち味をプラスして、下級生をしっかりと指導して、昨年より生徒数が少ないことを感じさせないような運動会にしてくれることを期待しています。

 二年生と一年生の皆さんは、自分たちが三年生になった時には、先輩を超える結果を出せるように、先輩の良いところをどんどん吸収し、日々能力を高めて行って下さい。

 これまでの六十七年間に、七六七五人の卒業生を送り出したこの天間舘中学校も、三年後の平成二十九年三月で閉校することが決まっています。

 先日行われた天間舘中学校の同窓会でも、楽しかった思い出がたくさん詰まっている天間舘中学校への感謝の気持ちを表すための記念事業を何かやりたいという話を皆でしました。

 PTAとしても残りの三年間、生徒・先生・保護者・地域住民に楽しい思い出が残るような活動をしたいと考えています。また、地域住民の多くが同窓会の会員でもあるので、同窓会とも連携して記念事業を成功させたいと思っています。

 何れにしても私が一番願うことは、校舎・体育館・グランドに、生徒と先生の元気な声が響きわたり、毎日笑い声が聞こえてくる天間舘中学校であり続けることです。

 一日一日を大事に過ごし、皆さんが卒業する時に、「よく頑張った」と自分を褒めれるような中学校生活を送るれることと、これから過ごす三年間が、皆さんの人生で最も楽しかったと思えるような中学校生活となることを祈念し、私の祝辞とさせて頂きます。

本日は誠におめでとうございます。

 

 

             平成二十六年四月七日

             天間舘中学校PTA会長  哘 清悦

 

 


コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM