<< 全員が全部楽しめた天中祭 | main | PTAだより「アカシア」:子育ての時期も「光陰矢のごとし」 >>

青森県の農林水産業と明るい兆し

 平均寿命と賃金は全国最下位、飲酒・喫煙率・癌による死亡率は全国トップとマイナスイメージが多い青森県だが、農業は元気だ。

 食料自給率は全国第4位の119%。農業就業人口の平均年齢は北海道の次に若い。平成12年から10年間の全国の農業産出額は平均11%減少。その中でプラス成長できたのは4県のみで、青森県はトップで約4%。

 日本の農産物輸出額で青森県が占める割合は、20億円の野菜では長芋が7割弱、81億円の果実ではりんごが8割。水産業も元気で、1210億円の水産物ではホタテ、さば、いかで23%、526億円の水産調整品では乾燥なまこが22%。

 青森県は津軽平野や三本木原台地の広大な農地と、三方を囲む海と中央に抱かれた陸奥湾の豊かな漁場に恵まれている。生産量だけではなく、米、野菜、果実、畜産、水産物が満遍なく生産され、バランスが優れているのも青森県の農林水産業の特徴だ。

 世界自然遺産に登録された白神山地をはじめ、森林面積全国第9位の豊かな森林資源に育まれたきれいな水が、安全・安心で品質の高い農林水産物の生産を支えている。移出額も全国トップクラスで、それらの外貨獲得が青森県の経済を支える機能を発揮している。

 心が貧しい政治家によって原子力政策が進められ、青森県にも迷惑で危険な施設が押し付けられたが、本来あるべき姿に戻したい。

 米国傀儡政権の安倍内閣が、政府の悪事・不正がネットで暴露され拡散するのを阻止するための特定秘密保護法成立を急いでいる。TPP、原発、消費税、憲法、沖縄など、米国の指示で動いている日本政府だが、間もなく起こる米国の財政破綻までは救済できない。

 日本が買わされた130兆円の米国債が紙屑になるのは痛いが、日本も世界も平和に向かうと思うと明るい気持ちになれる。

 私自身が青森県の魅力を再認識し、それを皆様に紹介する機会を提供して下さったことに感謝致します。

 今回で最後となりました。

 関西よつ葉連絡会と会員皆様の今後の益々の発展とご多幸を祈念致します。


コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM