<< 七戸町の本所と支所を結ぶ道路の整備の優先度は? | main | 青森の脱原発トマト農家から―良い年になりますように >>

地方・集落からの人口流出対策にどう取り組むべきか

本県の人口は、仝外転出者が県内転入者を上回る社会動態の減と⊇仞舷瑤茲蠅盪猖歓瑤上回る自然動態の減のダブルの減少となっている。 

社会動態では、若年層、特に高等学校卒業時に進学・就職のために県外に転出する者が多く、県内に転入する者を大きく上回ってい。 

また、自然動態では、平均寿命の延びにより高齢者が増加したため、近年死亡者数が増大してきているのに対し、若年層の県外流出により子どもを生み育てる世代の人口が減少し、非婚化・晩婚化による出生率の低下とともに出生数が激減してい。 

 このように若年層の県外流出は、社会動態の減だけではなく、自然動態の減にも大きく影響していることが本県をはじめとする地方県の特徴として挙げられ。(図1-8)

人口減少イメージ 

 人口減少が経済へ与える中長期的な影響として、人口減少に伴い労働力人口が減少することによって、生産要素の一つである「労働投入量」が減少するため、総生産が縮小することが想定されてい。(図2-8) 

 人口減少の短期的な影響の要因が消費等需要面であるのに対し、中長期的な影響の要因は供給面の制約から発生するものということができ。 

人口減少社会における生産減少イメージ


 地方から都市部への人口流出をどのように抑えるかが大きな課題だが、過疎化が進む当町の中でも、中心部に比べ集落では特に少子高齢化・限界集落化が進んでいることを深刻に受け止める必要がある。

 哘地区は天間林地区の11分館中、一番人数が少ない分館(地区)である。その哘地区に住む町議として、誰よりもこの問題の解決に向けて取組まなくてはならないと思っている。そこで手始めに、町民課からデータをもらい、哘地区の現状を分析した。
哘地区の5集落 

 哘地区の平均年齢は54歳で、日本(45歳)、青森県(47歳)、七戸町(50歳)よりも高齢化が進んでいた。

 65歳以上の人口比率は0.37で、日本(0.23)、青森県(0.26)、七戸町(0.31)よりも高い。

 少子化はもっと進んでいて、15歳未満の総数割合は0.08で、日本(0.13)、青森県(0.13)、七戸町(0.11)よりも低く、市ノ渡は0.02しかない。
130103哘地区人口集落毎.jpg

130103哘地区生産年齢人口.jpg

 集落での生活を支えてきた農業は、その所得だけで全世帯を支える力を失っている。

 集落の中でも数少ない専業農家が農地を借り、高性能な農業機械を投入し規模拡大したとしても、それでその専業農家がようやく生活していける状況ではないかと思う。

 辛うじて人口流出の抑制効果として効いている要因として、代々引き継いできた土地・家・墓などの資産がすでにあることと、家から通える範囲に就職できていることと、2搬押親族・地域住民との絆が築かれていることがあると思う。

 私の場合、24歳の独身の時に退職・Uターンし農業を継いだので、哘に住むことができた。

 自分が長男でなければそういう決断をすることはなかったと思うが、家族・親族・土地・家などいろいろなことを考えた時に、退職・Uターンという決断に至った。
 今ではその判断が適切だったと思っている。

 人口減少対策を考える上で、U・Iターン者を増やすことも当然考えなければならない。新規就農希望者を研修生として受け入れ育成してきた経験を活かし、都市部からの新規就農希望者が哘地区で就農できるようにしたい。田舎暮らしを望んでいる人に住居を紹介できるようにできればとも思う。

 子どもの頃から地域との絆を深めておくことも大事だと思う。生まれ育ったところで一生暮らしたいと思えるような思い出を子どもたちに残すためにも、PTAや子ども会の活動を充実させ、地域の大人と子どもとの交流の機会を増やしていきたい。

 正月に盛岡に住んでいる妹の家族が哘に来た際に、妹の娘3人に将来は哘に住むようにと勧誘した。いろいろ考えたが、全くの他人を哘に住まわせるよりも、その方が可能性が高いような気がした。将来集落に人がいなくなることを考えるとなりふり構ってはいられないという心境に達したのだと思う。

 とりあえず、1月20日(日)の分館対抗の綱引き大会終了後は、反省会を兼ねた新年会を計画しているので、そこで皆と意見交換・情報交換したいと思う。


コメント
●煌燻木材乾燥は約1500年前の伐採と乾燥工法の「鼎(かなえ)」と「オンドル床暖房」の組み合わせ
●鼎古文書には:槻木ヲ伐時ハ必彼ノ鼎ノユトリシテ其中ニテ火ヲタクナリシカスレハ生木ノ水気ト子ハリ合テ割ル事ナシトナリ他木然スルニ及ハス
●「鼎」は世界遺産や国宝の天王寺。法隆寺、五重の搭、正倉院、善光寺。名城、仏像、木造船、木造橋など建造⇒出典:信州森林博物館
http://www5f.biglobe.ne.jp/~housi/1kokuhoukennzoubutuitirann.htm

各位様
古代人スガオカ 代表酋長 菅岡健司と申します。突然のメールを差し上げる無礼をご容赦ください。

●地域材が煌燻木材乾燥で産業と男女雇用の創出で人口減少を止め活性化できます。
A=煌燻木材乾燥は木材を乾燥しながら一石九鳥の副産物を同時に生産。消費税8%がー1%に課税。オリンピック施設や海外に安全木材として輸出
1:木質バイオマス燃料はCO2排出量ゼロ分を売却。2:発電 3:給湯 4:暖房 5:防カビ燻液 6:防虫燻液 7:消毒燻液 8:無機質土壌 9:焼却灰
B=木質バイオマス燃料は災害時の流木。放置竹林。林地残材。未利用木材。農作物の殻等で長さ12m以内切断不要でペレットやチップ等の加工も不要
C=煌燻木材は建築。土木。河川の護岸。木製漁礁。景観。東名高速道路の遮音壁などの公共工事や民間工事に使用され販売実績有り。下記参照 
 http://www.h4.dion.ne.jp/~kodaijin/
D=政府は村に働く場として、林業。木材産業改善資金を無利子で融資。個人1500万円 法人3000万円 団体5000万円から1億円※返済期間10年
E=オンドル床暖房⇒昭和59年建設省主催の省エネコンペで住宅金融公庫総裁賞受賞総裁:河野正三氏 ※別紙参照
F=煌燻木材乾燥法⇒平成8年東北地域創造的企業活動推進協議会より奨励金1000万円交付。会長:明間輝行氏 ※別紙参照
●煌燻(こうくん)は煌 (きらめき) 燻し( いぶし)で 検索。DVDやHPを必見ください
 煌燻木材乾燥とオンドル床暖房の資料やDVDご希望の方は2,000円のご負担でお願いしています⇒kodaijin@h8.dion.ne.jp 携帯:070-5323-3301
 株式会社 古代人スガオカ 代表酋長 菅岡健司 竪穴住居 〒034-0001青森県十和田市大字三本木字稲吉121-448
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM