<< 広域事業における広報広聴活動の充実は | main | 天間西小PTA執行部、新体制固まる >>

オンデマンド交通システムの調査研究は

平成23年七戸町議会12月定例会一般質問(3/3)

オンデマンド交通システムの調査研究は(哘清悦)

 新幹線利用者のための二次交通と町民のための地域交通の確保と充実が必要です。
 天間東小学校経由で天間林体育館や天間西小学校を経由するバスを放課後に運行すれば、スポーツ少年団の統合は容易であると共に、午後6時過ぎのバスに乗って児童が一人で帰宅できれば、防犯上も安全が確保され、さらに保護者の送迎に要する負担も減少します。
 経済性、安全性、環境面において効果が大きい「
オンデマンド交通システム」の構築に向けた調査研究についての考えを尋ねます。

コミュニティバスの効率的な運行を(小又町長)

 「オンデマンド交通システム」は、事前に利用者が電話や専用端末等で自宅等から目的地まで乗合で利用するシステムで既に稼働している市町村が全国に幾つかあります。
 当町では、コミュニティバスを7路線運行しており9月に運行形態を見直し、各地区へ週に3日、1日1往復から1往復半に拡大し、加えて庁舎間の無料電気シャトルバスの1日4往復半の運行を開始し住民の利便性の向上を図っています。
 7路線を大型バスー台、マイクロバスー台、スクールバス2台の合計4台で効率的な運行体制でカバーしています。
 先月実施したコミュニティバス利用者からの聞き取り調査結果における問題点等の検証を行い、
来年4月以降の路線ダイヤにおいて、より効率的な運行を目指してまいります。
 
ご指摘の「オンデマンド交通システム」ではその対応として、車両の小型化・運行台数の増加・運行コースの多様化等、複雑な運行システム構築と運行コスト自体の大幅な増加は避けられないため今後の検討課題です。

【感想】
 オンデマンド交通システムは全国で導入している自治体がある。昨年10月議員視察で訪れた山梨県北杜市同システムを導入していることが、後でネットで調べてわかった。

 現在のコミュニティバスの利用者のみを対象に聞き取り調査を行っているうちは、同じ交通弱者である高校生以下の児童が使えるバスにはならないと思う。

 これについても先進事例の情報収集が不十分であることがわかった。今後は、検討状況について一般質問で確認していきたい。


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM