天間林中学校の部活動とサッカー

平成29年3月25日、天間舘中学校同窓会総会が17時から七戸町中央公民館2階で開催された。閉校に伴い同窓会も解散することとなった。天間会長、長年の会長職お疲れさまでした。

18時からアカシアで懇親会が行われた。

校長、教頭、PTA会長も参加し、14名で大いに盛り上がった。

締めに天中の校歌を皆で歌った。「天中健児ここにあり〜!」

懇親会で、天間林中学校の部活動についても議論した。

今の天間舘中学校の校長が、4月に開校する天間林中学校の校長に決まったので話しやすかった。

野球、ソフトボール、卓球、陸上、吹奏楽は継続。

ソフトテニス部は3年生の中体連終了をもって廃部。

今後、生徒や保護者から要望が上がった場合の対応までは議論しなかった。

中体連でいずれかの部活動を応援できるようにするために、五つの部活動に所属してもらうとのこと。

主にサッカーをやりたい生徒は、陸上部の所属になるが、放課後は陸上部に合流することなく、直接サッカーの練習に行って良いとのこと。

これまでは、同じグランドで陸上もサッカーも練習していたが、サッカーは中学校統合後も今までの練習場を使用する。

陸上部は天間林中学校の陸上競技場(トラック一周300m)を使用する。

今までのように、サッカーの練習が始まるまで、陸上の練習をしているというやり方が、逆にできなくなる。

主としてサッカーか陸上か、あるいは半々か、はっきりと決めなければならない。

今までもいたが、サッカーと陸上、どちらもやりたい。中体連では陸上競技に出場し、土日のサッカーの練習や試合にも出たい。そういう子は自分で予定を決めて練習すれば良いとのこと。

今年度の天中卒業生で、陸上部に所属して水泳の練習をしたという女子生徒のお父さんも来ていた。全く問題はなかったとのこと。

保護者の組織である後援会については、主にサッカーをやりたい生徒の保護者は、無理に陸上部の後援会に入らなくても良いと思うとのこと。保護者同士、変に気を遣う必要はないと思うとのこと。

校長の言う通り、保護者同士がしっかり話し合って、陸上とサッカーの後援について、役割分担を明確にすればいいと思った。

指導する先生の負担についても議論した。

役場職員の業務内容見直しとリンクするが、後援会の会計や事務は教職員ではなく、保護者ができるようにした方がいいという話になった。

パソコンを使えない保護者の方が極めて少ない時代なのだから、先生のパソコンの中に入っている文書や会計のデータを保護者に渡すことから始めた方が良いと思う。

新しい中学校に合わせて、時代に合った新しい考え方で学校を運営すべきだと思う。


天間西小PTAだより最後の原稿

PTAだよりの原稿をようやく送った。
最後の原稿だと思うと寂しい気もするが、感傷に浸っている暇はない。
自分が見つけた新たな課題に向けすでに気持ちを切り替えている。

組織改革初年度を振り返って見て

                   PTA会長  哘 清悦

 「役員は、保護者の負担が公平になるように配慮しながら選出する」、「学年委員長及び専門委員は各学年より選出する」の規約改正により、当PTAは新たな形を求めて今年度再始動した。
 結果として、一人で様々な役を引き受けていた人の負担も軽減でき、学年行事等の実施で保護者同士の親睦を深めることができたと思う。

 スポーツ少年団の指導体制の強化、抜本的な防犯対策、地域活動(分館や子ども会)への積極的な参加など、取り組むべき課題はまだまだあるが、会員が目標を共有して協力し合えば必ず実現できると思う。

 小中9年間、子どもも保護者も顔ぶれもほとんど同じ。保護者同士が親睦を深める機会は多くはないので、学校行事、学年行事、参観日の学年学級懇談等を通じて、保護者同士がお互いに良き理解者であるような関係を構築して欲しいと願っている。

 そして、そのような保護者の関係は、子どもたちに必ず良い影響を及ぼすと信じている。


平成22年度最後のPTAだよりの原稿をとりあえず読む

依頼されていたPTAだよりの締め切りが明日に迫った。
どれもこれも締め切りが近づいてから作業に入るのが習慣になってきた。
自分の子どもには、「ゲームで遊ぶのは宿題を終わらせてからだぞ!」といつも言い聞かせていながら、自分の仕事の優先順位が「関心が高いものから」になっている。
とりあえず昨年書いた原稿を読んでから考えることにした。


PTA規約・組織改正に込めた思い

            PTA会長  哘 清悦

 六校統合により出来た本校は、旧学区(各地区)のまとまりの良さを活かし、各地区からPTA役員を選出する方式を続けてきた。

 分館と連携して活動する各地区のPTAや子ども会は、本校の特徴でもあり財産でもあると思ってきた。

 しかしそれが時代の流れとともにその価値が低下してきた。

 子ども会の加入率は低下し、各地区のPTAの会議にも参加しない会員が増えてきた。

 その結果、役員として活動する会員とそうではない会員との負担の格差が増大し、人数の少ない地区では、全員が何かの役員に就くという状況になっている。

 それでも学級学年懇談に多くの保護者が参加し、活発に議論されているのであれば安心できるが、残念ながらそうはなっていない。

 年5回の参観日の学級学年懇談を有効に活用し、自分たちの学級や学年をより良くしようと、担任の先生を中心に議論するようになれば、保護者の相互理解も進むと思っている。

 また、各学年の保護者の中から役員を選出し、毎年学年行事を行っていくことで、その学年の先生と保護者のコミュニケーションが深まると思う。

 授業の中には保護者が協力できるものもある。

 限られた時間でより多くのことを子どもたちに教えるためには、先生と保護者が連携し、授業を計画実施していくのが望ましいと思う。

 横(学年)のつながりを強化した新たなPTA組織が「明るく楽しい天間西小学校」実現に大きく寄与することを願う。


教育力=指導力、人材バンクの設置を提案

 学校と家庭以外で、子どもが過ごす時間帯が地域の教育力を問われ、いかに充実した指導ができるかが課題であり、七戸町の教育力の現状を把握するためにも、人材バンクを設置し、登録者を募集する必要があります。他の市町村のお手本となるような「教育の町・七戸」として、人材バンクを構築する考えがないか伺います。

【教育長】町内の小中学校に地域コーディネーターを1名から2名配置し、保護者や地域の協力を得ながら、家庭教育、地域の教育力を高める活動を展開しております。また、公民館講座において各種講座開設し、町内外の講師の方々も学校教育の中に活用しております。現在、人材バンクの設置は考えておりませんが、平日の放課後、土日の活動に対する教育の対応、指導者の対応としての人材確保については、体育協会加盟団体・スポーツ活動団体等と協議しながら、各団体を通じ講師の派遣及び各種目別に、指導者・団体を整理すると共に、教職員退職者団体にも働きかけ人材情報の収集に努め、指導者名簿を作成して子ども達のスポーツ活動の求めに応じた情報を提供できるよう努めて参ります。また、登録した人材の名簿に関しましては活用方法について慎重に検討し、対応していきます。

天間西小入学式、39名の新入生入学とPTA新会員加入を祝う

 新入生の皆さん、入学おめでとう。保護者の皆様にも心からお祝い申し上げます。新入生の皆さんは今日から天間西小学校の児童として毎日勉強することになりますが、これからどんな生活が始まるだろうかといろいろ考え楽しそうと思う気持ちと、心配だなあという気持ちが半々の状態なのではないかと思います。

 学校は友達同士で学んで遊べるとても楽しいところです。友達の名前を早く覚えて全員仲良しになって下さい。上級生の皆さんは、新入生の皆を自分の弟や妹だと思って、しっかりと面倒を見てあげて下さい。

 東日本大震災で被災し、家も家族も失い今も避難所での不便な生活を余儀なくされている多くの方々のことを思うと、被災を免れ例年と同じように行事を行い、いつもと変わらない生活を送れることに感謝しなければならないと感じております。今日このように、幸せの中で生きている我々が被災者のために今後なすべきことは、今まで以上に生産し被災者を助けることです。一緒に悲しんでいるだけでは助けることができません。被災を免れた国民が、食べれる時によく食べて、休める時によく休み、楽しめる時はよく楽しみ、健康を保ち元気を維持して、一人一人が「一割多く生産する」という目標を持って自分の仕事に取り組めば、被災者を早く助けることができます。

 ゆとり教育が見直され今年度から授業時間も学習内容も大幅に増えます。児童の皆さんの仕事は勉強することです。小学校で学ぶ勉強は全ての基本になる大事なことばかりです。人を助けることができる大人になるためにも、小学生の時に基礎学力をしっかりと身に付けておきましょう。

 今年度初めてPTA会員となる保護者の皆さんを含め、新一年生の保護者の皆さんにお願いがあります。

 皆さんの子どもは、ほとんどこの顔ぶれのまま、小学校の6年間と中学校の3年間を共に過ごすことになります。この時期にできる友達は、子どもの頃の楽しい思い出を共有している生涯の友達になります。

 人によっては、勉強で身に付ける知識以上の価値になるかも知れません。友達の存在そのものが、その子の財産になる場合もあると思います。

 子どもが友だちと良好な関係を築きながら、友だちをたくさん作っていけるような環境を作ることが、保護者が子どものためにできる大事な仕事であり、それこそ、PTAとして力を入れて取り組まなければならない活動だと思っています。

 今日の入学式が参列された保護者の皆さんも、これから9年間同じ顔ぶれで活動することになります。保護者の顔と名前が一致するまでに結構時間がかかるかも知れませんが、どの子がどの人の子なのかを徐々に覚え、次第に子どもの様子についてお互いに話し合えるようになっていければいいなあと思っています。

 また、子ども達が社会人になって、いろいろな人と関わりを持ちながら生きていけるようにするためにも、年齢の違う子とも友だちになれる能力を身に付けるのが良いと思っています。スポーツ少年団や子ども会は、そういう機会をたくさん作ることができる団体なので、子どもの健全な成長のためにも積極的に参加させて下さい。

 最後になりますが、一年生から六年生の児童の皆さんは、少子化が進む中において、一人一人が七戸町の将来を担うとても貴重な存在です。

 この天間西小学校で伸び伸びと学び、自分の個性と能力をどんどん伸ばして下さい。そして、天間西小学校の主役である皆さんが、思いやりの心を持って、どこにも負けないような明るく楽しい天間西小学校を作ってくれることを願っております。

誠に簡単ではございますが私の祝辞とさせて頂きます。

本日は誠におめでとうございます。

            平成二十年四月七日

            天間西小学校PTA会長  哘 清悦

 

6年間共に過ごした児童の卒業式、代表の光輔に卒業祝い渡す

110318天間西小卒業式
【祝辞】
 
六年生の皆さん、卒業おめでとう保護者の皆様にも、心からお祝い申し上げます。
 先週金曜日に発生した地震と津波で被災された方々には心からお見舞いを申し上げます。これまでの卒業式で感じたことはありませんでしたが、卒業生も保護者も、全員が揃って卒業式に出席できることを当り前だと思わず、深く感謝しなければならないと感じています。

 人間の知恵や努力は自然の力の前では無力であることを痛感させられました。被災された方々を支援することもできず心苦しい思いでおりますが、被災された方々が一日でも早く日常の生活を取り戻すことができるよう切に願っております。

 六年生の皆さんは、中学校や高校でまだまだ勉強しなければなりませんが、「何のために勉強するのか」をよく考えなければなりません。いい大学に入り、いい会社に就職し、いい給料をもらい、いい生活をするためではないと思います。「大事なものを守るために必要な力を付けるため」に勉強するものだと私は思っています。

 皆さんにとって最も大事な家族の命と生活を守るためにも勉強しなくてはなりません。また将来、皆さんの中の誰かが、住民の生命と財産を守る重要な立場に就くかも知れません。その人は誰よりも勉強しなくてはなりません。勉強というのは、これだけ勉強すれば十分ということは決してありません。どれだけ勉強してもまだまだ足りないというのが勉強です。

 皆さんは、学力においては全国平均をかなり上回ったようです。中学校へ行っても、テストでは常に百点満点を取るつもりで勉強して下さい。私も四月からPTA会員として皆さんと一緒に天間舘中学校に行きますので、気を抜かないでこれまで通り勉強して下さい。

 小学校の六年間もあっという間でしたが、中学校の三年間は更にあっという間です。三年後にはもう高校生です。皆さんが中学でも優秀な成績を収め、レベルが高い高校で勉強したいと考えた場合、青森高校や八戸高校へ進学することも考えると思います。

 新幹線の七戸十和田駅は、幸い八戸市と青森市の中間にあります。青森高校と八戸高校のどちらの学校にも、新幹線での通学が可能ではないかと考えています。皆さんは、三年間で六百回も新幹線を利用できる可能性を秘めている特別な存在です。「新幹線で高校に通う」ということを、ぜひ皆さんの目標の一つにして下さい。

 皆さんは卒業証書を受け取りとても嬉しい気持ちでいると思いますが、皆さんのお父さんお母さんは、皆さん以上に嬉しい気持ちでいると思います。皆さんが私たちの子供として生まれてきたおかげで、人生の中で最も楽しく充実した時を過ごすことができました。ですから、「大人になったら必ずお父さんお母さんになる」ということも、目標の一つに加えて欲しいと思っています。

 学力と体力は、学校の勉強や部活動で身に付けることができますが、結婚相手を見つけ、お父さんお母さんになるためには、「魅力」というもう一つの力が必要です。勉強で脳を鍛えながらも、「心」も一緒に育てて下さい。心優しく魅力ある大人に成長することを願っています。

 最後になりますが、町長を始めとする行政関係者の皆様、ボランティアとして本校を支援して下さいました地域住民の皆様、六年間PTA活動にご協力頂きました保護者の皆様、そして、校長先生を始めとする教職員の皆様に、この場を借り厚く御礼申し上げます。
 卒業される皆さんの新しい生活への旅立ちをお祝いすると共に、今後のご活躍とご健勝を祈り、私のお祝いの言葉と致します。

          
     平成二十年三月十

     天間西小PTA会長  哘 清悦

 卒業生代表で光輔が登壇し、PTA会長の私から卒業祝いを受け取った。自分の子供に「おめでとう」というのに抵抗を感じ、何と言葉を掛けてよいか迷った。結局「よく頑張った」と小声で言った。
 先生方が父から子へ手渡すように演出してくれたのだと思った。その気持ちに深く感謝したい。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM